2011年03月09日

第5回手合せ会終了

3月6日、22年度も最後の手合せ会となりました。
穏やかな陽気の中、第5回手合せ会が行なわれました。
今年度は会場の都合で初心者講習会の募集人数が前年度より20名も少なかったのに、第5回目まで多くの人が参加してくれました。

初級の症例発表は現在中級を受講中の方にお願いしました。
受講生にとっても身近な人に発表してもらう事でいい刺激を受けて欲しいと思っています。

今回は新しい試みを導入し、実技ではいつも前腕を使っていましたが、体の各所への施術を行ないました。
やや、ぎこちない動きで戸惑った方も多かったように見られましたので、色々な方向から動かす訓練の重要さがわかってくれたのではないかと思います。

中級の腹部打診やロールプレイも慣れてきてスムーズに進行するようになりました。
繰返し体験をする事によって実際の臨床でも落ち着いて対処する事ができるでしょう。

手合せ会も毎年、少しずつパワーアップしています。
今までは中級を修了するとそのまま終わりになっていましたが、更に上を目指す手合せ会や小児はりのネットワークを作る作業が水面下で進んでいるところです。
関東一円に小児はりを普及して、多くの子供達の笑顔が増えるように頑張りたいと思っています。
総括 石川
posted by 事務局 at 03:05| 講習会・手合せ会の様子
大師流小児はりは登録商標です
大師流小児はりの会関東
お問い合わせはこちらmail toからお願いします