2013年11月18日

≪浦和健康祭りに参加した受講生の感想≫

●あの日は100人ものお子さんの施術を間近にし、子供との接し方から動き回る赤ちゃんに
臨機応変に合わせて行く様子に感銘を受けました。
本を読んだり大人で練習する事では得られない貴重な時間となりました。

またチラシ配りの際にはいかに親御さんに短時間で小児はりの良さを伝えられるかの
いい訓練になりました。

次回は私も施術させていただけるよう精進いたします。
折り紙も沢山折って行きますね。


●鍼灸のイベントでのビラ配りは2回目でしたが、当日は人出も多く、ずいぶん沢山の方に受け取ってもらえたので、ほっとしました。

一番受け取ってくれたのは、就学前のお子さん連れのグループでした。友人達と一緒にいる安心感からか、こちらの話をよく聞いてくださり、「へ〜いいね!」とおっしゃったりするので、PRしやすかったです。
次は、やはり幼児連れのお母さんでした。今回は大人の治療も同時にOKと伺っていたので、そのことをお伝えすると反応がよかったです。

逆に、乳児連れのお母さんは、抱っこしている方だと荷物がいっぱいで、チラシをわたしにくく、ベビーカーの方も、両手がふさがっていて、ビラをもらう方が少なかったです。

一番ガードが固いのは、一人で子連れで来ているお父さんでした。
ビラを受け取ってもらえる確率は10パーセントを切るくらいの感じでした。

また、今回、ピカチュウの折り紙の作り方を教えていただいたので、嬉しかったです。
動物の形の風船はとても人気があったので、私も作れるようになりたいな・・と思いました。

先生方の治療風景を拝見できて、とても勉強になりましたが、もう少し見学時間があると嬉しかったかなとも思いました。
今回は卒試前のため、短時間しかお手伝い出来ず申し訳ありませんでした。
また機会がありましたら、ぜひ伺わせていただきたいです。


●初めて参加させていただきまして、チラシを配る際、「何が来たんだろう?」と構える方が案外多かったです。
最初に視覚で訴える看板やのぼりなどがあると、解りやすいかな?と思いました。

あまり室内にいなかったもので(すみません)、先生方の手技やお子さんの様子をじっくりと拝見できず少々残念でしたが、分別のつく年頃の子供さんは別として、はりを怖がっているのは大人であって、赤ちゃんや小さな子供は意外と平気に受けているものなのだな、というのが正直な感想です。

森山先生が「パパにやってみよう」と、まず、親に施術なさっていたのを拝見しまして言葉の説明より体験するほうが、何倍も説得力があるという事を改めて納得しました。

ホームページを拝見しまして、日本の小児科の先生や小児専門病院でも
小児はりを取り入れてくださるといいなと思いました。

今回は、戦力にならずご迷惑ばかりおかけし申し訳なく思う反面、
不慣れながらも楽しく参加させていただきました事、本当に感謝いたします。
posted by 事務局 at 22:43| スタッフ雑記
大師流小児はりは登録商標です
大師流小児はりの会関東
お問い合わせはこちらmail toからお願いします