2019年01月13日

症例報告について

<初心者講習会テキストP23より一部抜粋>


(1)提出方法

  ワードデータ形式で作成したものを、「手合わせ会」開催の1週間前までに                 事務局アドレス info@daishiryu.com にメール添付で提出してください。

  メール添付ができない場合は、メール内に直接記入したものでも可としますが、

  適切な症例報告を書く練習の意味でも、Wordでの提出をお願いします。

  1週間前の提出が困難な場合は必ず連絡し、「手合わせ会」当日までにメールでお送り下さい。

  連絡がないまま1週間を切って提出されたものはお受け取りできません。


(2)返却方法

  提出された「症例報告書」には講師・スタッフが講評を入れて返却します。

  @「手合わせ会」の「2週間前までに提出」された場合は、2週間後の「手合わせ会」で返却します。

  A「手合わせ会」の「1週間前までに提出」された場合は、次回「手合わせ会」で返却します。

posted by 事務局 at 00:28| 重要なお知らせ

昇級規定について

初心者講習会テキストP15より抜粋>

「手合わせ会」は初級から始め、昇級試験に合格すれば、

中級、上級へ昇級することができる。

但し、上級の「手合わせ会」は「本部大阪開催」のみとなる。

また、学生の場合は、無免許であるため、上級昇級試験の受験は可能だが、

昇級はできない。

免許取得後に改めて昇級試験を受験する必要がある。

但し、3年未満であれば手合わせ会を受講しなくても受験できる。


(1)昇級試験・認定試験

  初級者・中級者には昇級試験を、

  上級者には認定試験を各級の第5回「手合わせ会」で課す。


(2)昇級試験・認定試験の「受験条件」

  @初級・中級・上級:「年度内」に「手合わせ会」に4回以上出席していること。

   (30分以上の遅刻、および閉会30分以前の途中退出は出席とは認められない)。

  A中級・上級    :「年度内」に「症例報告書等」を4回以上提出していること。

    学生及び「症例報告書」の提出が困難な場合は、                             「保護者の説得」、「子どもとの接し方」等、子どもに触れることによって得た事を           「症例報告書」に代えて提出してもよい。                                     その場合、「症例報告書」が記載できない理由や反省・改善点を記載すること。


(3)昇級試験・認定試験の「合格条件」

  ・初級者:実技評価が、5段階の3以上あること。

  ・中級者・上級者:学科・実技点数を、70%以上取得すること。

  ・上記以外にも各地区・各級によって「合格条件」を追加する場合がある。


(4)昇級試験・認定試験が受験できない場合

  「受験条件」を満たすも、第5回「手合わせ会」に参加できず、

   受験できない場合は次の条件で受験できる。

  ・年度内の会長の定める決められた日時で試験を受験することができる。

   別途「特別受験料」5,000円が必要。

  ・または、「年度内」に他地区の第5回「手合わせ会」で受験することができる。

   その場合は、他地区に、別途「他地区受講料」4,000円と「特別受験料」5,000円を支払う。

posted by 事務局 at 00:11| 重要なお知らせ
大師流小児はりは登録商標です
大師流小児はりの会関東
お問い合わせはこちらmail toからお願いします